小水疱型水虫の症状について

水虫とは、白癬菌というカビの一種が引き起こす皮膚病のことをいいます。白癬菌が皮膚の角質層に侵入して増殖することで引き起こされます。
水虫は正式には足白癬と呼ばれており、いくつかの種類に分類することができます。

水虫の種類の1つに小水疱型水虫があります。
小水疱型水虫の特徴的な症状を挙げると、非常に強い痒みが生じることです。痒みが強いため、我慢できずにその部分を掻きむしってしまう人も少なくありません。
それから小水疱型水虫には、土踏まずを含めた足の裏や足のふちなどに小さな水ぶくれが沢山出来てしまう症状もあります。
親指の付け根部分なども水ぶくれが出来やすい場所とされています。
最初は小さく赤いポツポツとした水ぶくれですが、段々と褐色になっていきます。褐色に変化した部分は、皮むけするようになります。
皮むけした部分は治ったように感じますが、また次々と赤くポツポツとした水ぶくれが出来てしまい、他の部分にも広がっていくのが一般的です。

小水疱型水虫の症状の中には、水ぶくれがあまり目立たずに皮がむけるだけの場合もあります。
水虫の原因となる白癬菌は気温が高く湿度の高い環境を好むので、高温多湿になると活発に活動するようになります。
普段から靴を履いている足は高温多湿になりやすいので、白癬菌が繁殖しやすい環境が出来上がってしまいます。
特に雨が多い梅雨の時期や暑くなって汗をかきやすい夏の時期などは、足が蒸れやすくなるので水虫を発症する人が多く現れます。
毎日靴を履いている時間が長かったり、同じ靴をずっと履いていたりする人は注意が必要です。

小水疱型水虫は水虫の中でも夏に発症する人が多く、冬になると症状が治まる傾向が強いと言われています。
そのため冬になると症状が治まるので良くなったと勘違いし、そのまま放っておいてしまうこともよくあります。
しかし、放置してしまうと白癬菌は足の皮膚に残ったままになるので、また梅雨の時期が来て足が蒸れやすい環境になると水虫の症状が出てしまいます。

小水疱型水虫に対してしてはいけないことについて

小水疱型水虫になってしまったら、水ぶくれを潰してしまわないように気を付ける必要があります。
水ぶくれが出来ていると、ついつい潰したくなってしまうという人もいると思います。
しかし水ぶくれを潰してしまうとその部分から細菌などに感染してしまうことがあるので、安易に潰してしまうのはおすすめできません。

水ぶくれの中には原因菌はいないと言われていますが、水ぶくれが出来ている部分は免疫力が低下して防御機能が弱っています。
雑菌が侵入しやすい状態になっているので、水ぶくれを潰すことで二次感染を招いてしまうことがあります。
それにより皮膚の炎症が悪化してしまいます。人の手には雑菌が付いているので、自分の手で水ぶくれを潰すことは避けなければなりません。
ただし、水ぶくれが大きくなってしまった場合には、白癬菌が増殖してしまっているので潰した方がいいこともあります。
その場合には自己判断するのは難しいので、皮膚科などに相談してみるのがおすすめです。

水ぶくれを潰す場合には、きちんと患部を消毒してから同じように消毒した針で穴を開けるといった方法になります。
それから小水疱型水虫になったら、塗り薬などできちんと治療をする必要があります。
小水疱型水虫は冬には症状が治まることが多いですが、皮膚に存在する白癬菌は死滅したわけではありません。
小水疱型水虫を繰り返さないためにも、症状が治まってからもきちんと塗り薬を塗るといった対策が必要になります。

また、水虫は何度も繰り返しているうちに、症状は段々重くなっていくのが一般的です。
症状が重くなると治りにくくなり、治療に必要な期間も延びてしまいます。悪化しないうちに早めに対処することが重要です。