水虫には自覚症状の無いものもある

靴の上からでも掻いてしまうほど、つらいかゆみに悩まされるイメージのある水虫ですが、中にはかゆみも水ぶくれもないといった自覚症状のない水虫もあります。
自覚症状がないからといって放置してしまうと、症状の悪化・進行だけではなく周囲への感染源にもなってしまいますから注意しないといけません。
自覚症状がない方も今一度チェックすることをおすすめします。

水虫は、足の指になどにカビの一種である白癬菌が住み着いてしまった状態のことです。
一番多いのは指と指の間にできるもので、薬指と小指の間にあることが多いものです。ふやけたような状態になるものと、赤くなり皮がむけたりするものがあります。

足の裏・ふち、指の付け根に小さな水ぶくれができるものもあります。
初期はかゆみがないこともあり、そのままにしていたらいつのまにか赤くふくれ上がり、それが破けると液が出て次第にカサカサに乾燥し皮がむけるようになります。
最初の段階は目立ちませんから放置しやすく、症状が悪化してから気付くことが多いタイプです。

足のかかとかかとも実は水虫が発生しやすいところです。初期は目立ちませんし角質層が厚いのでできにくいと思いがちですが、硬い部分にも水虫はできます。
進行すると粉を吹いたようになり、さらにひどくなるとかかとがヒビ割れを起こしたりします。

かゆみなどの自覚症状がないからといって放置するのは危険で、進行・悪化すると治りにくくなります。
また足から手などへ他の部位に感染してしまうこともあり、これが爪などに入り込むとどんどん増殖していってしまいます。
こうなると大元の足の水虫が治っても、感染した他の部位から再感染するということも起こり得ます。
また水虫は高い確率で家族などにうつってしまいやすい病気です。周囲への感染を防ぐためにも、初期段階で早期治療に努める必要があります。

指と指・指の付け根・足裏などに水虫らしきものを確認したら、市販の薬で根治が期待できます。
水虫菌に効果のある抗真菌薬を継続的に塗布することでそれが望めます。
かかと部であったら、皮膚を柔らかくし、角質の厚い部分に効果的な尿素配合の水虫薬が根治の期待をより高めます。

皮膚が固くなったと感じたら水虫に注意

足のかかと部分は歳をとってくると自然と硬くなってきます。
かかとの角質層が厚く硬くなり時には粉を吹いたような状態になりこするとポロポロと皮がめくれることもあります。
かかとの角質硬化症であるかも知れませんし、かゆみのない水虫が原因であることも考えられます。
冬などは判断がつかないことも多く、アカギレのように角質層が割れて痛みを伴うこともあります。

原因が何であるかは、皮膚科にて水虫の原因である白癬菌が存在するかどうかで判りますが、女性などは恥ずかしくてなかなか受診できずにいるということもあります。
判断材料の1つとして、指と指の間や土踏まず部分に発疹があると水虫が原因であることが多いです。

水虫が原因でかかとが硬くなったということなら、治療方法はかかとを柔らかくして水虫治療薬を塗ることが効果的です。
具体的には皮膚を柔らかくする尿素配合のクリームを塗布したり、温かい風呂にゆっくりと浸かったりすることです。
決して硬く厚くなったかかとを軽石などでこすってはいけません。
こすると皮膚を更に傷つけてしまい、更に角質が分厚く硬くなる原因となりますから注意しましょう。
また白癬菌が感染を起こしやすい状態となりますし、軽石でこすると一時はきれいな状態を保てても、それを続けている限り、一生きれいで柔らかいかかとに戻ることはなくなってしまいます。

水虫が原因でかかとが硬くなった場合は、症状に合わせた適切な水虫薬を数ヶ月にわたって根気よく塗り続けるしかありません。
皮膚を柔らかくすることで、角質の分厚い部分の水虫に効果的に効く尿素配合のものも販売されるようになりました。
水虫をきちんと治すためには、いつも清潔を保ち、お風呂上りにしっかり乾燥させ、患部を中心に広めに治療薬を塗布することが重要です。
水虫は必ず根治できるものです。