水虫治療薬の”ラミシール”について

ラミシール水虫の治療方法として薬の使用が挙げられます。
ラミシールは、殺真菌成分であるテルビナフィン塩酸塩が配合された水虫・たむしの治療薬です。
水虫の原因菌・白癬菌は皮膚糸状菌であり、真菌すなわちカビの一種です。
糸状菌という名称の通り皮膚の角質層に根を張ってかゆみ症状を広げますが、ラミシールは真菌が細胞膜成分を生合成する際に必要な酵素を阻害して、真菌の増殖を抑える効果と殺真菌効果の2つの効力を果たします。

水虫治療薬であるラミシールの有効成分を見ていきましょう。
殺真菌効果を持つ「テルビナフィン塩酸塩」は、角質層への優れた浸透力も備えています。
1日に1回塗布すれば薬剤が患部に留まって、かゆみ・痛みを引き起こす白癬菌に対して長期的な効果をもたらします。

テルビナフィン塩酸塩は原因療法の成分ですが、他にもかゆみを鎮めたり炎症を鎮める対症療法の成分も含まれています。
患部の不快なかゆみを鎮める働きを持つ「クロタミトン」、患部の炎症を鎮める「グリチルレチン酸」、かゆみを鎮めて爽快な使用感を与える「l-メントール」が挙げられます。
また、水虫によって引き起こされた皮膚の乾燥やひび割れ、角質を柔らかくして薬剤の浸透を促す補助効果を持つ「尿素」も配合されています。

服用方法において注意すべき点としては、これまでに薬を使用してかゆみ・発疹などのアレルギー症状が出たことがある方や、妊娠または授乳中の方は使用前に医師に報告するようにしましょう。
また、他に常用する薬がある場合も効果が強まりすぎたり、弱めてしまう可能性があり使用方法・用量を調節する必要があります。

優秀な薬ですが、まれに副作用が発症する場合もあります。
主な副作用としては、塗布した患部の接触皮膚炎・皮膚のかぶれ、かゆみや発赤・紅斑、ヒリヒリとした刺激感や皮膚のフケのような状態である鱗屑、皮膚が剥がれ落ちる落屑や皮膚亀裂などが代表的です。
このような症状はもちろん、これ以外の副作用が発症した際も、担当の医師または薬剤師に報告し、今後の服用方法について指示をあおいでください。

ラミシールクリームの使い方

患部をクリーム(軟膏)でカバーする上に汗にも強いため、ラミシールクリームは非常に優れた水虫薬です。
しかし使用方法を誤ると、いつまでも治らなかったり、せっかく治ってもすぐに再発してしまうため正しい使用方法を知ることが大切です。

まず、クリームを塗布する前に患部をよく洗って清潔にします。
薬を塗る前に限らず、患部を清潔に保つことは原因菌である白癬菌の増殖を抑え、家族など周囲の人への二次感染を防ぐ上で大事です。
塗る回数は1日に1回から2回が目安です。お風呂・シャワーを浴びて昨日塗った患部のラミシールを洗い流して、患部の水気をよく拭き取ってから塗ると良いでしょう。
ポイントとしては、24時間欠かさず患部に薬が必ずコーティングされている状態を保つことです。

また、水虫の原因菌・白癬菌は、症状が現れている範囲より広く深く寄生しているため、薬剤は広めに塗布します。
軟膏を含む外用薬は、水虫に限らず広範囲に塗ったり貼ったりすることが効果的です。クリームの塗布が終わったら、患部へと触れた手・指をしっかり洗い二次感染を防ぎましょう。
薬剤が手に残った状態で顔に触れ、目に入った場合はすぐに水もしくはぬるま湯で洗って、眼科の診療を受けてください。

そして、最低でも薬は1ヶ月以上塗り続けるようにしましょう。
服用方法を正しく守っていれば、早くて一週間程度で菌は死滅してかゆみがなくなります。
しかし、安心してそこで服用をやめてしまうと完全には治らず、再発を繰り返してしまいます。その理由は白癬菌が皮膚の中に深く根を張っていることにあります。
皮膚の生まれ変わり(ターンオーバー)は1ヶ月サイクルなので、角質層の奥に棲んでいた白癬菌が1ヶ月後に皮膚表面に出てきて、再度水虫の症状が復活します。

薬の使用方法と並んで大切なのが、患部の乾燥を心がけるということです。
白癬菌をはじめとする常在菌・細菌類は、高温多湿な環境を好んで活発に増殖します。
通気性の悪い靴に、さらに靴下を履くという習慣があるため、患部の温度や湿気は高くなりがちです。
入浴後やスポーツ後はしっかり乾燥させたり、帰宅後すぐに足を洗って清潔に保つようにしましょう。
靴の替えを複数持って、湿気が溜まらないようにしてください。